初心者の人におすすめな資産運用|リスクが大きくない投資法

不動産への投資手段

お札と電卓を持つ人

不動産が対象の投資信託

リートとは不動産を対象とした投資信託です。不動産の運営会社では、証券取引所にリートを上場することによって多くの投資家から資金を集めることができています。その結果として、不動産の運営会社は上場による資金を用いて、新たな収益物件を購入することが可能となっています。したがって、リートとは不動産運営会社の資金調達の手段として使われている面があります。リートを購入した投資家としては、不動産運営会社の保有している不動産の権利を得ることに繋がってきます。そのため、リートを購入した投資家は、不動産からの家賃収入の一部を配当として受け取ることが可能となってきます。したがって、リートとは投資家にとって、家賃収入を得るための金融商品になると言えます。

保有不動産をチェック

投資にとってはリートとは安定配当を得る手段になり得ます。しかし、不動産の運営会社が健全な経営ができていないと、永続的な安定配当を得ることができなくなるリスクが生まれてきます。したがって、信頼の置ける不動産の運営会社のリートを購入することが重要となります。また、リートの購入の際には不動産運営会社の保有している不動産には、どのような種類があるかをチェックしておくことも大事となっています。不動産会社が保有している不動産に不安を感じる物件が多い場合には、投資を控えることも一考となります。また、今後も収益性が高く維持できるような不動産が多いと感じれば、そのリートを購入する価値があります。このように不動産をチェックした上で、リートを購入する場合には間違いが少なくなることが期待できます。